« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月29日 (日)

山梨発 蕎麦

現在当館では蕎麦屋の開店に向けて館内改装をおこなっております。

「蕎麦と温泉」和をコンセプトに一部分ではありますが雰囲気も変わりつつ9月の開店にむけてお客様には喜んでいただける付加価値を試みております。

どうぞお楽しみにお待ちください。

なお館内改装は8月初旬には終える予定です。改装中も旅館、入浴は営業をおこなっております。

なにかとご不便をおかけしますことをお許しください

ということで「蕎麦屋」開店にむけて毎日蕎麦屋の梯子を繰り返しております。

そんな中でお気に入りの蕎麦屋を何軒か紹介してまいります。

Cimg0566 北杜市にありますこの店、国道からわき道にそれて、工事中の箇所を迂回し、古民家の立ち並ぶ田舎道を走り、「まさかこんなところに」って思うような場所に「それ」はありました。

Cimg0567 「それ」を蕎麦屋って思った人は通常の方なのでしょうがよくよく看板を読んでみると「病院」なのです。

しかも右から書かれた「明治病院」

どこかの遊園地ででてきそうなホラーすら感じる木造2階建てのまさに明治時代の建造物なのでしょう。

その病院を改装した蕎麦屋が本日の目的地であります。

Cimg0570 かなりの前評判の高さから11時30分の開店より10分も早く現地にたどり着いておりました。

混雑時などは前庭で順番待ちをする旨のことが入り口に書かれており、随所に田舎を感じさせてくれる、お蔵やら、作業小屋、せみの声、クワガタムシなどそば以外にも雰囲気を楽しむウエイテイングゾーンとなっています。

店先に並んだパイプ椅子に座って順番待ちするよりはこっちのほうがずっと快適です。

Cimg0568 本日の目的地は「いち」であります。

北杜市高根町箕輪

TEL0551-47-4173

つづく

2007年7月19日 (木)

山梨発 ほうとう

Cimg0525 ただいま山梨は風林火山ブームで多くの県外の方々が来県されています。

「フルーツ王国」ではありますがなかなか食事どころっていうのが見つからないという声を多く聞きます。

「食」の文化が乏しいのかもしれません。

県外からのお客様がお見えになったら食事場所はほうとうやに偏りがちになってしまっているように思います。

そうは申しましてもその「ほうとうや」の現状も知らなければ紹介しようがないということで、行ってまいりました。

河口湖方面へ用事があって出かけた際にかなり盛っているといわれる「ほうとう不動」へいってまいりました。

「暑い時は熱いもの」と呪文でも唱えなければちょっと食べる気はしませんが食い終わってみると結構いけるものでした。

Cimg0529 店内はゆうに200人は座れそうな広間に高い天井のお蔵風の作りになっており、「郷土料理や」によくありそうな雰囲気抜群であります。

Cimg0527 メニューは「不動ほうとう」がメインになっており、サイドオーダーも食欲をそそるようなものばかり

「馬刺しともつ煮で一杯」なんて気分になってしまいそうでした。

いろいろ頼んでも結局全員が頼むのは「ほうとう」でしょう。

私もこの日は一人で出かけたのでほうとうのみを注文しました。

Cimg0528 さすがに大型店ではありますが注文から出てくるまで15分くらいはかかったでしょうか

待ち時間にテーブルまわりやら、店内の装飾物に目が行きました。

テーブルに置かれたこのわらで編まれたテイアラはなんでしょう?

そうです。待ち時間が長くて飽きてしまったお子様のための「輪投げ」なのです。

なわけありませんで、アツアツに熱せられた鍋を置くわら製の鍋おきなのでした。

Cimg0530 具沢山とはいえないまでもさすがに「作りたて」は美味しいですよね。

しっかりと入り込んだ野菜類が美味しい味噌スープに溶け込むほど軟らかく煮えており、ほんのり固ゆでの湯でたて放蕩麺の歯ごたえがなんともいえませんでした。

Cimg0531 よくあるたび番組で美味しい食事をアップで取るときの手法まで用いてしまいました。

「あいつ何やってんの?」なんて声が聞こえてきそうでしたが

右手に箸、左手にデジカメをしっかりと持って手振れしないように慎重に写しました。

勿論これも山梨を訪れる方々の参考になればと思い、最高のショットを掲載させていただいております。

Cimg0532 そんなことをしながらも「完食」あまりの美味さに汁までこんなに飲んでしまいました。

鉄鍋はかなり焼けていて熱々になっていますので最後の一滴まで飲もうと鍋に唇つけると大変なことになってしまいますのでご注意ください

ほうとうはできたても美味いのですが、一日置いて召上る「朝ぼうとう」ってのもなかなかいけるもので、のびきって、汁をかなり吸い込んだ麺を暖かいご飯にかけて食べたらもう御代わり必死でしょう。さすがは武田の時代からの陣中食だけの事はありますよね。

Cimg0533 30度を越える天気の中、100度に熱せられた鍋に入ったほうとうに、特製の唐辛子を入れたもんだから汗が出る出る。

返り際に見せのショットをと思い柱にかかれた文字を見ると

「滅却心頭火自涼」(しんとうめっきゃくすれば、ひおのずからすずし)なる恵林寺の山門に書かれたかいせん和尚の名文句が書かれていました。

「心頭滅却すればほうとうおのずからすずし」うーん

Cimg0534 この店は御坂峠を越えて、河口湖大橋を渡りきり、そのまま直進して右側に富士河口湖役場が見えてきたあたりにございます。

入り口の立派なけやきの門は記憶が正しければ十数年前に私の友人の材木やさんが納品したかなり立派なものです。

2007年7月15日 (日)

要害発 台風一過

Cimg0564 まずもって、今回の台風4号にて被害にあわれた皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

早期の復旧をお祈り申し上げます。

それにしてもものすごい台風でした。

そうでなくてもお客様が少ない7月の4連休にバッチしとぶつかって日本列島縦断、しかも勢力は大きく、速度はのろいときたもんだから、救いようのない厄介者でした。

テレビ報道を見る限る明日はわが身と、真剣に心の準備はしたものの、「山梨」ってなかなか台風が直撃しない場所なのです。

これは「武田信玄」があえてこの場所を居に選んだことと何か関係があるのかな?などとも感じられてしまうわけであります。

さて上の写真は台風が通過してからしばらくたってからの当館前に流れる相川の様子であります。

久し振りの大雨に川底が洗われて、なんとなく川がすっきりしたように感じられます。

「台風一過」を「台風一家」と間違えていた方がいまして、今回の台風で初めて一過の意味がわかったと聞いて思わず「台風一過」をアップしてみたくなったってわけであります。

Cimg0558 全てが洗われて、「鮮やかになる」ことが大夫一過の特色ではないでしょうか?

当館まわりの緑がまさに「水」を得たように輝きを増しているかのごとく、目に眩しさを与えてくれています。

甲府盆地の景色も、大げさに言えば一軒一軒「ダレの家」までがわかるようにはっきりと見えます。

「一家」か?遠くの山々もやたらと近く、手に取れるように見ることができます。

Cimg0560 夕方まだ台風が過ぎ去ったばかりで上空には雲が残っていますが、完全に通り過ぎる明日には雲ひとつない晴天をもたらしてくれるのが「台風一過」の特徴の一つですよね

そうすると、むしむししてやたらと温度と、湿度が上がって不快指数が上がるのが台風一過のいやなところでもあります。

こんな暑い日には「ジェラート」でしょ。

風林火山博「甘露煮屋」の美味しいジェラートで一気に「梅雨」まで吹き飛ばしてしまいましょう。

2007年7月14日 (土)

山梨発 李王

Cimg0550 今年もやってきました。

「李王」の季節です。

店頭にはほとんど出回っていないこのかじゅつは1990年に開発されて出荷されたのが始まりだそうです。

出始めのハウスさくらんぼが一粒1000円とも言われて桐の化粧箱に丁寧に並べられて売られますが、この箱に金色の王冠とくればさぞかし

Cimg0551 箱に印刷されたとおり本当に甘くて美味しい山梨の夏を代表する果実であります。

Cimg0552 一つ試食をしてみましたが、スモモを甘く美味しくしたって感じでしょうか?

とってもジューシーでありまして、皮も手でむけるほどやわらかく、かぶりついてみると果汁がジュースのように流れ出しました。

ちょっと熟しすぎていたのかもしれませんが、この時期ならではの山梨の新しい味覚に間違いはありません

山梨発 李

2007年7月 8日 (日)

山梨発 風林火山博

Cimg0506 風林火山博では毎日様々なイベントをおこなっております

先週末から三連荘でおこなわれたイベントをご紹介します

終わったことなどどうでもいいよなどとおっしゃらずに最後までお読みいただけたら「参加型」のイベントのご案内がありますのでお楽しみに?

一発目は台湾から来日された子供の雑技団の演舞でありました。

6日金曜日におこなわれましたが夕方ということもあってあまり多くの方に披露できなかったことが悔やまれます。

とっても躍動的で、「技」を感じる演舞でありました。

Cimg0509 そして昨日7日がきれいどころの「一日館長」イベント第1弾でした。

準ミス、ミス着物など3名のきれいどころが一日館長として風林火山博にお越しいただきました。

ダレがダレだか覚えていませんが、「高根の花」って奴を久し振りに拝見させていただきました。

今回来館してくれたミスたちは女医の卵に、現役早稲田の学生など「天はにぶつ?」そんな言葉あったっけ?と疑ってしまいたくなるほどお見事でした。

神様私にも何か一つでもおあたえくださいと思わずため息ってしまいました。

Cimg0514 でも神も捨てたものではなくこのミスたち3人が揃って当店(甘露煮屋)を訪れてくれたのでした。

見てくださいこの「ミス着物」の美味しそうに召上っている満面の笑みを。

当然この笑みの先には私がいたって分けですけど?

当店のジェラートを満喫していただきました。

食べ終わった後のスプーンは当然ですが果報にするために洗わずにとっておきました。(冗談)

Cimg0513 富士山には何の花が似合うでしょう?

答え「高嶺の花」でした

これが落ちではありますが、大勢のお客様の目を楽しませていただいた1日館長でありました

Cimg0518 夕方からは「ハワイアン」の披露でありました。

県内のハワイアン愛好会の皆様によってフラダンスなどをご披露いただきました。

「ハワイ行きたい」なんて思ったのは僕ぐらいなのでしょうか?

とっても素敵な笑顔でお客様にハワイアンを披露してくれていました。

Cimg0519 2ステージあったこのハワイアンはいつからか会場のお客様もまねるようになっていました。

一瞬ではありますが山梨がハワイになったときでした。

大昔ハワイに行ったときに花の首飾りを頂戴したときに頬にキスしてくれたハワイの女性を思い出してしまいました

Cimg0523 そして本日8日は地元の女優であります「岸ゆき」さんが一日館長として風林火山博を訪れてくれました。

「さすが女優」「じょうゆう」じゃないよ、だけあってきれいでした。

年齢は知りませんが白のスーツに身を包んでお客様にサービス精神満点で接していただいておりました。

さすがは「アタックナンバーワン」ってことですね

当然今日も甘露煮屋を岸さんが訪問してくださって、当店のジェラートを試食してくれました。

かえってら全国でピーアールしてくださいね、などということはいえませんでした。

Cimg0524 ということで大変お待たせいたしました。

これから「山梨に来る」って方にとってとっておきの情報です。

「ミス浴衣コンテスト」が開催される運びになったってことです。

優勝10万ですよ。

大判振る舞いのほかに「山梨をピーアール」できる1年間の特別観光大使まで副賞でついてきちゃうってわけ。

出ない手はないでしょよね。

詳しくは風林火山実行委員会なのですがhttp://www.fu-rin-ka-zan.jp当館でもチラシなどをおいてありますのでどしどしご応募してください

ちなみに締め切りが8月7日で1時審査が8月11日、最終は8月18日です

資格は年齢18歳以上で山梨のことを愛する気持ちをお持ちの方(県内外問わず)だそうです。

山梨発 風林火山博

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »