« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)

要害発 お花見準備完了!

Cimg2007 これは何でしょう?

こたえはたった今私がセットしてまいりました、まだ咲かぬ「岩躑躅」に対するライトアップの準備完了のショットです。

よく見るとこのライトアップの範囲には左奥に真っ白な花を咲かせ始めた「やまぼうし」更に、手前にはまだしっかりとしたつぼみの「藤」を捕らえている欲張りで長期間楽しんでいただけるライトアップナワケです。

あとは花の咲くのを待つだけです。

いえいえ、お待ち申しておりますのは開花ばかりではなく「お客様のお越し」を一番お待ち申しております。

Cimg2008 こちらは当館入り口のまだ咲いていない桜をライトアップしたものです。

このライトアップも桜だけではなく、奥には要害山の岩躑躅もしっかりと収められているのです。

昼間の花見もよろしいですが、夜も結構幻想的です。

Dscf0127 これは昨年の玄関前の桜のライトアップです。

今年のつぼみの状態は昨年以上になっておりますので楽しみにしていただいて結構です。

今年は甲府盆地の桜は一気に咲いてしまい、早くも散り始めているとか、その点当館の周辺は桜ばかりではなく様々な花がこれから楽しめる「フラワーマンス」にはいっていきます。

どうぞ週末から来週にかけて皆様でお出かけ下さい

Cimg1956 何回もしつこいかもしれませんが、当館の「売り」てづくり花見弁当です。

1500円で花見が出来れば安いですよね?

是非ご予約をお待ちしております

2008年3月27日 (木)

要害発 開花予想(桜)

えっまだ咲いてないの?

そうなんです。まだつぼみの状態なんです。

Cimg1993 これが当館の「標本木」となっています。

ようは毎年一番早くに花咲く木なのですが、ようやくつぼみの間からピンクがかった色が見え隠れするようになってまいりました。

甲府に開花宣言が出てから4日目、いまだに要害気象台では「開花宣言」をだすことができないでおります。

要するに桜の花たちが週末が来るのを待っているかのごとく、開花予想は今週末であります。

Cimg1994 本日の当館庭園の様子です。

まだ春らしさというものは見当たりませんが、徐々につぼみのふくらみが大きくなってきております。

来週あたりからがお花見には絶好の時期になろうかと思います。

Cimg1956 またUPしましたが「手作りお花見弁当」(1500円)

予約受付中です。

絶対美味しいし、お得な内容になっていると思います。

今週末1つの予約が入りました。

2つめ以降の予約をお待ち申し上げております。

Cimg1991 当館へ続く武田神社参道には両側に恒例の「菜の花」のフラワーポットが配置され、あとは桜の花が咲くのを待っている状態となっております。

桜前線は現在武田通りの山梨大学あたりまで北上中です。

今日も暖かくなるので一気に武田神社まで上ってくることでしょう。

2008年3月24日 (月)

要害発 春の絶品

Cimg1985 でました。

得意のマイルドセブン1mg。

最近は喫煙場所がめっきり減りまして、タバコのサイズまで小さくなってしまいました。

ご覧のとおりふきのとうより小さいサイズのマイルドセブンが・・・

あるわけありません

ふきのとうがでかいだけなのです。

さて皆様だったら上の3つのうちどれを選びますか?

「左のタバコ」そうじゃなくって、ふきのとうだったらどちらがおいしそうかって質問です。

やっぱり小さいほうが美味しそうに感じますよね?

でかいほうが「えぐそう」な感じがしません?

このえぐそうなでかいふきのとう、じつは昨日私の甥っ子が北斗市でとってきてくれたものです。

ちなみに小さいのは当館周辺で採れた天然もの

Cimg1986 そんな小さい地物のふきのとう

これまでの一般的な食べ方っていうのは「おひたし」「ふきみそ」「てんぷら」「おろしあえ」って感じでしょうか?

僕はふきみそがその中じゃ好きですね。

ふきって「えぐさ」ってのが好き嫌いを分けるところじゃないですか?

でも春の香りは一番含んでいる山菜のひとつだと思います。

そのふきを炒めてどうするの?

「出来るかな、♪できるかな♪チャチャラッチャ」(のっぽさんのつもりでした)

Cimg1987 本日私の母が外でよばれてきた「ふきごはん」を試してみました。

ふきと、じゃこを油で炒めてご飯と混ぜるだけ。

こんなに簡単な料理

????

Cimg1988 「できあがり」

「ふき混ぜご飯チャー半」

半分チャーハンみたいだから適当な名前つけちゃったんですが

これが食べてみるとびっくり

「春」が口中に広がったって表現がぴったりの逸品でありました。

普通ふきのとうで混ぜご飯なんかしても苦くて食べれるわけないって思いますよね?

ところがどっこいちょっと炒めただけでなんとも不思議。えぐみが消えてしまったのです

Cimg1989 試作なのでちょっと多めにふきのとうを入れてみましたが、ジャコの出汁と、ふきのとうのほんのり残ったえぐみが、まさに「春」そのものでした。

口の中一杯に広がった春をそのままいただいてしまいました。

隣の色の悪いものはなに?

これが見た目とは違って絶妙の味に仕上がっている当館自家製の「たくあん」なんです。

このふきご飯にピッたりの逸品

最高の春の組み合わせ明日からお客様に提供できたらと考えております。

どうしても食べたい方は予約時に「ふきめし」とおっしゃってみてください

期間限定のレア商品ですからね。

2008年3月21日 (金)

要害発 「お花見企画」はじめます

Cimg1961 当館正面の庭先にあります水車です。

この水車の奥にあります橋を渡りますと今回のメインステージであります。

「花見場所」(通称屋外宴会場?)が皆様をお待ちしております。

期間は今週末3月22日から5月6日までです。

昼の部は11時から

夜の部は5時からとなっております。

収容は約50人、出来たら予約をしていただけたほうが間違いないです。

Cimg1959 じゃーん

信さんが丹精こめて作り上げた

屋外宴会場です。

5月には藤の紫、躑躅の様々な色、その前の4月には桜のピンクと岩躑躅の紫が皆様をお迎えします。

Cimg1956 「そんな花なんてどっちでもいいから、何を食わせるの?」

いわゆる「花より団子」向きの方お待たせいたしました。

結構なできばえの「花見弁当」

1500円であります。

写真は一例なのですが(99%手作りのお弁当です)

10%は何なの?(かまぼこと生姜です)

試作品(上の写真)のおしながきは

・春野菜の煮物 ・蕗のきんぴら ・印元の胡麻和え ・自家製春巻き ・エビフライ

・特製卵焼き ・春を感じるバラチラシ鮨 ・サラダ ・かまぼこ

こんな感じのお弁当をお花見のおつまみにお出しします。

味には絶対の自信がありますのでどうぞ皆様でお試し下さい

Cimg1965 このほかに「ぶっかけおだら」(500円)もご用意させていただいております。

お食事を召上っていただいた方には立ち寄り入浴700円を500円にサービスしますので、花見のあとは「ひとっ風呂」なんていいもんですよ。

この企画は第3弾まで用意してありまして、第2弾は天ぷら会、第3弾はビアガーデンとなるつもりです。どうぞご期待下さい。

Cimg1967 現在も庭先ではオープン前の準備に信さんのメンテナンスが続いております。

週末はよい天気になりそうですので皆様お揃いでお出かけ下さい。

Cimg1979 見えにくいけど手作りポスターです。

2008年3月20日 (木)

要害発 職人技2

Cimg1640 真打登場です。

昨日アップした巨大な松は信さんによって真っ二つに変身を遂げました。

Cimg1642 これがその際に使用したチェーンそうです。

私が昨年消防団で使ったものが真ん中の小さいものでしたが

一番手前の大きいのを見せられたときには驚きました。

Cimg1645 信さんにかかればワキャナイ

あたかもまな板の上に置かれた食材を真四角に調理するかのごとくいとも簡単にのこぎりを操ります。

Cimg1648 かくして松の巨木は綺麗に生まれ変わったのであります。

Cimg1680 これから春夏と活躍する当館のお花見、バーベキュー広場が生まれ変わったのです。

Cimg1681 真っ二つに製材された巨木がテーブルとして見事に平らに揃えられてしまった職人技に脱帽であります。

それでは次回はこのお花見企画のprをさせていただきます。

2008年3月19日 (水)

要害発 職人技

Cimg1641 昨年大きな松を伐採しました。

年輪を数えたら目が回ってしまいました。

遠くにおいてある車と比べていただけたら松の大きさがお解かりただけるかと・・・

わかるわけありませんよね。

隣に立っている電柱と比較してもかなりの老木でありました。

さて、この巨大な松は何に変身を遂げるのでしょう?

「変身」といえば仙人に登場してもらわないと始まりません

せーの「信さん」

Cimg0366 「みなさんご機嫌いかが?」

私は新郎の父・・・

失礼しました

信さんではありませんでした。

信さんの従兄弟のユキノブサンでした。

「ゆき」溶ければ信さんってことで

採用されたユキノブサンの写真です。

ご自身のご子息の結婚式でのうれしいうれしい笑顔を通り越した表情のショットです

すみません、途中ですがいったん つづく

2008年3月18日 (火)

要害発 春近し

Dscf0047 まだ咲いてませんよ。

これは昨年撮影した武田通りの桜6分咲きの頃のものです。

小さくて見えにくいのですが桜のピンクと、菜の花の黄色が実にマッチしていて綺麗な参道であります。ちなみに19年の3月30日です。

Cimg1973 そしてこちらが本日同じ場所から写した武田通りの参道の本日の様子です。

それにしても真おんなじの場所から写真を偶然にも写している私はなんと精巧に作られたロボットなんでしょう?

今日の甲府はぽかぽか陽気で汗ばむ感じすらしましたが、道路に映った影の濃さがやっぱり開花までの時間差を感じさせてくれます。

ぼちぼちつぼみが膨らみかけてきたかなって、そんな現在の桜の状況です。

ヨーク見ると信玄公祭りののぼり旗が参道の左右に取り付けられていました。

Cimg1974 昨年の赤に近い色から紫の「孫子の旗」へと変化を遂げ、すぐそこまで近づいている「春」を感じさせてくれています。

この分で行くと4月5日の信玄公祭り、甲州軍団出陣は満開の桜の中で武者行列を見ることができそうですよ。

今年の信玄公役は国広冨之さん、山本勘助役は野村将希さんが扮します。

詳しくはhttp://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/index.htmlをご覧下さい

Cimg1975 見慣れたはずの武田神社もなんとなく「春バージョン」に見えるのは私だけでしょうか?

この神社はほんとに桜が似合う神社なのです。

満開の花見をしがてら当館のほうまで足をお運び下さい。

「花見企画」を今週末からおこないます。

詳しくは次回のアップにてご案内申し上げます

要害発 春近し

Dscf0047 まだ咲いてませんよ。

これは昨年撮影した武田通りの桜6分咲きの頃のものです。

小さくて見えにくいのですが桜のピンクと、菜の花の黄色が実にマッチしていて綺麗な参道であります。ちなみに19年の3月30日です。

Cimg1973 そしてこちらが本日同じ場所から写した武田通りの参道の本日の様子です。

それにしても真おんなじの場所から写真を偶然にも写している私はなんと精巧に作られたロボットなんでしょう?

今日の甲府はぽかぽか陽気で汗ばむ感じすらしましたが、道路に映った影の濃さがやっぱり開花までの時間差を感じさせてくれます。

ぼちぼちつぼみが膨らみかけてきたかなって、そんな現在の桜の状況です。

ヨーク見ると信玄公祭りののぼり旗が参道の左右に取り付けられていました。

Cimg1974 昨年の赤に近い色から紫の「孫子の旗」へと変化を遂げ、すぐそこまで近づいている「春」を感じさせてくれています。

この分で行くと4月5日の信玄公祭り、甲州軍団出陣は満開の桜の中で武者行列を見ることができそうですよ。

今年の信玄公役は国広冨之さん、山本勘助役は野村将希さんが扮します。

詳しくはhttp://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/index.htmlをご覧下さい

Cimg1975 見慣れたはずの武田神社もなんとなく「春バージョン」に見えるのは私だけでしょうか?

この神社はほんとに桜が似合う神社なのです。

満開の花見をしがてら当館のほうまで足をお運び下さい。

「花見企画」を今週末からおこないます。

詳しくは次回のアップにてご案内申し上げます

2008年3月15日 (土)

要害発 開通しました

Cimg1915 開かずの道路ってのはどこの土地に行ってもあるものなのですが、当地は何といっても「要害」ですから、道が開けているわけがありませんで、昔から「道が狭いから恐い」といったお客様の不安をよく耳にしたものでした。

実際私も免許取立てのときや、マイクロバスを運転中などは「対向車来るな」などと願いながら運転したものでした。

5年ほど前に県道のバイパスが開通し、旧道を通らないで当館までお越しいただけるようになったのですが、最後の難関が残っておりました。

通称「平ら」という狭い50メートルほどの道路なのですが、ここは「平ら」の地名の通りまったいらな場所で、幼少の頃にはここでかけっこをしたり、山間にあって唯一の平らな場所がここでありました。

Cimg1952 その狭い平らを広げる工事が2年ほど前から始まりまして、ようやく開通したってワケであります。

これまでの「慣れ」で運転してゆくとうっかりしそうになりますが、視界が開けて快適な道が「開通した」ってことです。

Cimg1953 今日の昼間まではバリケードがされていたのですが、夕方用事で出かけるときにはセンターラインも引かれており、「ここはどこ?」といいたくなるような快適な新しい道が誕生しておりました。

通称上積翠寺バイパスを登りきった道を道なりにお進みいただきますと真正面に要害山が鎮座しております。

Cimg1954 更にその先には武田信玄公生誕の地積翠寺が見えてまいります。

新しい工事が終わったあたりは従来の旧道からの合流がちょっと心配でありましたが、さすがはプロの工事すんなりと当館の方向へハンドルを切ることが出来ました。(あたりまえか)

かくして当館まですれ違い、坂道発進、などなどの心配なくして到着できる運びとなった記念すべき日が本日3月15日ってことです。

ちなみに大型バスも通行可能ですので、団体様もご安心下さい。(当館より上はまだ道が広がっておりません)

2008年3月11日 (火)

要害発 超「レア」情報

Cimg1922 本日3月11日午後2時の当館全景でございます。

通称「お寺山」は心なしか芽吹きの前段階「燃えている」状態です。

「消防団出動!」おいおい

「萌えている」の間違いでした。

そう、ここは秋葉原の「萌え系」メイド喫茶の支店、、、いえいえ

まさしく自然に癒されるのには絶好の場所なのであります。

これからの時期は山々が本当に日々変化を見せると共に、多くの芽生えがはじまる「快適」な春を迎えるのであります。

ってことで「春のおすそ分け」をすべく久し振りに山へ入ってまいりました。

Cimg1933 すみません、深爪ぎみな私の「黄金の右指です」

なにが黄金かって?

そりゃこの3本の指で「ダーツ」を投げるんですから。

そんなことどっちでもいいんですけど、この汚れた爪。

「キタネーナー」「アップするな」などといわれそうですが、これにはワケがあるのです。

そのふかーいワケとは何じゃない、スーパーで買ってきた春の山菜ではないことを言いたいがために土で汚れた私の醜い指をお披露目することとなってしまったのでした。

Cimg1942 本日ほんの1時間ほど当館回りを革靴で歩き回っただけでこれだけの収穫がありました。

本日はこの中でも一番レアなものを紹介しちゃいましょう。

山野草がお好きな方ならこの写真だけでも判っていただけるとは思いますが、一般的なものを「レア情報」で紹介しちゃ怒られちゃいますから「ふきのとう」なんかはあえておいといて、、、

Cimg1930 これです。

僕の爪を汚しやがった敵の正体は。

なんとなく緑がかった土の斜面お解かりになりますか?

虫眼鏡で見てもだめですよ

「ゴルフ場の芝が枯れた跡」

「正解です」

なわけありません

Cimg1931 この緑がかった植物の正体はこれなのです。

「ヤマネギ」

なのです。

とっても小さく細い茎なのですがしっかり「葱」してるんです。

これが自然の中に生えておりました、根っこから丁寧に掘り起こしました

場所と、存在を教えてくれたのは当館の仙人「信さん」であることはいうまでもないことなのですが、本日収穫しました「やまねぎ」は量が少なかったために馬刺しを別注文してくださったお客様にわけぎの代わりにお付けいたします。

このねぎ生でかんでみたのですが実に「自然の味」「葱の味」「原種の味」って奴を感じることが出来ます。

絶対スーパーなんかじゃ売ってないから「要害のみ」ってことでしょうね。

一緒に馬刺しに巻いて食べたら美味いんだろうなー、想像しちゃいました。

「やまねぎたべさせて」と予約時に話してくれたらとってきますよ。

いかがでしたか?本日の「レア情報」この跡も続いて紹介しちゃいます。お楽しみに。

Cimg1939 左が当館周辺で取れたばかりの「のびる」で真ん中が「やまねぎ」

一番右が「マイルドセブン」(言わなくてもわかるか)

こんなに小さい茎に葱の味が濃く凝縮されているってワケです。

山梨発 富士山の噴火???

Cimg1899 先日観光キャラバンで静岡方面へ出かけた折に、ほぼ半日「富士山」を車窓から望む機会がもてました。

「やっぱ富士だよな」

中国人観光客が日本へ来る目的を3つに絞ると「富士山」「温泉」

そして最後の一つは何でしょう?

こたえはこのブログを最後まで読んだ方だけにお教えいたします。

読まないで一番下までスクロールしちゃうと自然に答えが消えちゃうシステムだから気をつけてくださいよ。

さて静岡へは中央道から富士五湖道路を経由して出かけたわけですが、大月JCTから富士五湖線へ入り、都留のリニア実験場を通り過ぎる頃から富士山が「でーーん」と真正面に鎮座しているわけです。

まさに「ようこそ、富士の国山梨」ってキャッチがぴったりな景色であります。

Cimg1900 そんな富士に見とれていると、って本当は富士山サイドに座ってなかったので都留の山並みを眺めていたのですが、突然誰かが「富士山が噴火している」

うっそー

そんなことが本当にあったならすぐに引き換えしてますって。

写真では非常にわかりにくいかもしれないのですが、富士山の頭から「白煙」が出ているように、まさに噴火している如くに見えたのであります。

上の写真は「噴火する富士?いいわけないだろー」という題名の作品のつもりなのですが・・・

あー静岡いかないで富士急ハイランドで遊んでいたいよーーー

このあとバスは富士五湖道路へと入り、一路駿河の国を目指したのでありました。つづく

おっと忘れておりました中国人観光客の3番目の来日の目的は

スクロールしていいですよ

もう一回どうぞ

こたえは

「秋葉原」でのショッピングだそうです。

勿論全員がそうではないと思いますけどね。

2008年3月 5日 (水)

要害発 開花予想

Cimg1888 今にも開花しそうな当館の「岩躑躅の芽」であります。

実はこのはなが咲くのはあと一ヵ月後なのだそうです。

写真の撮り方のテクニックで「春の到来」を感じさせてあげたってところです。

本日今年第一回目の気象台による「そめいよしの」の開花予想が発表されました。

予想通り遅い開花予想であります。

例年より3日遅く、昨年より11日遅い4月1日だそうです。

ってことは当館周辺では4月6日ごろから咲きはじめでしょうか?

今年は4月1日よりJRとのDCキャンペーンが開催されますので大勢のお客様が山梨を訪れることが予想されます。

そんなお客様を満開の桜でお出迎えできるのですから。お客様にとっては最高の「お出迎え」になることと思います。

Cimg1890 これは当館所蔵の「桜の武田神社」の絵であります。

私の記憶だとこれと同じ風景は昔見たことがありまして、現在は若干変わってきてはいますが、参道の両側に咲き誇る桜並木は「必見」だと思います。

甲府市内の桜の満開は信玄公祭りがおこなわれる4月5日ってところでしょうか?

Dscf0124 そして一枚目の写真の「つぼみ」が1ヵ月後にはこのように見事な紫色の花を咲かせることになります。

4月の5日あたりから20日頃までが「花見」にはよろしいかと思います。

お早目のご予約をお勧めいたします。

2008年3月 1日 (土)

要害発 春の到来(先取り情報)

Cimg1877 「假屋崎省吾」ではありませんが、私自らが花屋へ行って仕入れてまいりました。

「春の到来」という作品名なんですが、評価いただけますでしょうか?

「おまえがいけたんだったら価値なし」

なんて声も聞こえてきそうなんですが、まったくそのとおりでありまして、、、、

そうは申しましても一足でも早くお客様に「春」を感じ取っていただきたくおこなった「おもてなし」少しは感じてくださいよ。

で「何この花?」

お解かりになる方はかなりの花通

Cimg1878 当館ロビーに飾られた「春の到来」の彼方には「春霞かかった甲府盆地の春」、朝からいい絵ですね。

そう、本日は3月1日、毎月「1日」ってよしやるぞーって感じになりますよね。

今日も朝からあらゆる神様、仏様に手を合わせて「旬情報」もしっかりアップさせていただきました。

さてこの縁起のよい「春の到来」は何の花かと申しますと、、、

「桜」って思った方、普通の感覚、常識感覚を持った方です。

Cimg1879 ところがこたえは「ぶぶー」なんです。

「桃」の花でありました。

桜は全国どこに行っても見ることができるのですが、「桃の絨毯」って言葉聞いた事あります?

中央高速を甲府盆地に入ってくると4月中旬には御坂トンネルを越えたあたりから一面ピンクの絨毯が広がっている景色を見ることができます。

そんな桃を先取りして「早咲き」の桃を飾らせていただきました。

3月下旬には桃がなることかと。。なるわけありません。

Cimg1880 「接写してみました」

なかなか上手く写らないのですが、まだまだつぼみこそピンクがかっておりますが、咲くまでには数日かかりそうです。

で、

で、どうして「梅」も「桜」も通り越して「桃」かって?

「桜」については4月上旬に当館周辺に咲く本物で楽しんでいただきたいからです。

「梅」については実はこの作品の中に隠れているのです「蝋梅」という黄色い梅であります。

実際は蝋梅が飾られていた花瓶の一部を「桃」が占領したってところなんですが。。。

なんてったって世界で活躍の「桃」ですから???「上田桃子」さんのことですよ!!!

Cimg1881 で「先取り情報」って書いた理由として

花の先取りもさることながら、恒例の「信玄公祭り」いよいよ1ヵ月後に迫ってまいりました。

今年は4月5日が甲州軍団出陣でございます。

詳しくは後日。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »