« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月27日 (月)

要害発 カフェ [fortina」オープン間近

Cafe_fortina_1 当館屋上が大きく生まれ変わります

当館で最高のスポットの出来上がりです

詳しくはもうしばらくお待ち下さい

パーテイー、ビアガーデン、2次会などのご予約は受け付けております

2009年4月22日 (水)

要害発 「新緑、最高です」

Cimg3310 「目に眩しい」ってのはこのことを言うのでしょうね

きっと

「前の晩飲み過ぎて太陽が眩しいんじゃないの?」かって?

いえいえ昨日はびんビール3本と、、、

すみません話がそれてしまいました

当館裏庭の新緑の山です

晴天の青空と様々な種類の緑が混ざり合って

なんともいえない「眩しさ」を感じさせてくれております。

Cimg3311 アングルをちょっと右に振ってみました

要害山の岩肌もすっかりと緑色に衣替えです

当館の自慢は夜景なのですが

夜景とは別バージョンの「自然」

これだけの自然を感じられる場所もそうたくさんはないはずですよ

この時期、最高の季節だと思っております

どうぞ皆様お揃いでお出かけ下さい

2009年4月21日 (火)

要害発 「藤が満開をむかえます」よ

Cimg3304 今朝の当館庭園の風景です。

4ジュウ数年この地に住んでいまして、多少のことじゃ感動もしなくなった私かもしれませんが

この春先の景色だけは何回見ても目に優しく、綺麗な物だってことがよく理解できます

そんな中でもこの写真、裏山の新緑と、旧館の佇まい、春の花々と、様々な色合いが一度に楽しんでいただける風景であります。

朝方には鴨のつがいも池に飛来してきて、まさに春そのものです。

Cimg3305 そんな庭の中での今の主役は「藤」じゃないでしょうか?

鮮やかな紫色の花がそろそろ満開になろうとしております。

昨年塗り替えた藤棚の色となかなかマッチしているように感じます。

藤の花から放たれます甘い香りがまた実によく、

ミツバチたちが飛び交っては蜜を集めております。

藤の見ごろは今週一杯ってところでしょうか?

今日から天気が崩れるようですが、雨が上がった後の「春」は最高に綺麗ですので是非お出かけ下さい。

2009年4月19日 (日)

要害発 「職人技」

Cimg3300 当館ロビーに飾られた「藤」です。

まだつぼみの状態のものを裏庭から一枝とって来たものです。

とても鮮やかな紫色で、匂いもとっても「春」を感じさせてくれます。

いつもいろいろな季節モノを展示しております

当館の「植物園」なのであります。

さて、この見事に植えられた藤の鉢植え

いったいどのような仕組みがあるのでしょうか?

まあ僕に「植えてみろ」っていわれても同じようには植えれないでしょうけど?

そこで再び登場仙人「のぶさん」の登場です

Cimg3293 まずは藤が枯れないようにバケツの中に水を張っておきます

そのあと、藤の枝のあまり木を利用してなにやら足場つくりです

こんなんでどうやって固定するんでしょうね?

しかも適当に

ゴミ箱に枝を捨てたが如く

ちょっと目を離すと

既に出来上がっていました

何で目を離したかって?

それはですね、当館にいらっしゃったお客様のお相手をしてたのです。

しかも泊まってくれると思ってお待ちしていたそのお客様は待てど暮らせど

結局部屋が空いたまま今朝を迎えて今ブログを書いている状態なのです

Cimg3296 そんなちょっとした間に不安定であった藤の枝がしっかりと縛り付けられて

自立しておりました

これぞ職人技

来年の藤は僕に任せて

といいたいところですが

「信さん、来年もお願いします」

Cimg3298 こうして飾られました「藤」は大体1週間は楽しんでいただけるとのことです

新緑が目に眩しいくらいに日々色を変えてきております。

一年で一番のこの時期に是非おでかけください

要害発 「職人技」

2009年4月16日 (木)

要害発 「深草観音例大祭」

「穴観音」で親しまれている深草観音の例大祭が明日4月17日おこなわれます。

当館より1時間ほど山に入ったところにある岩場の上にぽっかりあいた洞穴に祭ってある観音様のお祭りです。

当日はおでんの販売もあったり賑やかな一日になりそうです

新緑眩しい積翠寺へどうぞお出かけ下さい

2009年4月10日 (金)

要害発 「桜と三つ葉躑躅の競演」

Cimg3287 今年もこの時季がやってまいりました

ご存知「桜と三つ葉躑躅の競演」です

えっまだご存知じゃなかったですか?

要害山の岩場に何本もの三つ葉躑躅の群生があります

桜だけだと淡いピンク一色なんですが

三つ葉躑躅の鮮やかな紫がこの競演をなんとも表現できない

幻想的な風景に変えてくれているのです

写真じゃあんまり綺麗に見えないでしょ?

これは実は作戦なのです

実際に見てみると感動が倍になって伝わります

よってこのフィルターがかかったような写真じゃ満足できない方は

ちょっとお出かけ下さい

「酒飲むから迎えに来い」なんて方がいらっしゃったらどうぞご連絡下さい

「桜と三つ葉躑躅の競演」は今週週末から来週初めが見ごろです。

2009年4月 4日 (土)

要害発 「桜が見ごろをむかえております」

Cimg3270 ジャジャジャーン

ってほどのものでもないけど

のぶさんの職人技の答えです

桜のライトアップで電線を高い枝の上を通すのに青竹を使ったのでした。

地面這わせればいいじゃんって?

それは仙人のこだわりで

技のあくなき追求ってとこでしょうかね

かくしてライトアップされた桜は当然ですが夜しか見ることができません(笑)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »